癒しのエネルギーが流れるパワースポットをはじめ、一般には知られていないネイチャースポットや、心やすらぐダイニング、アクティビティーなど、楽園ハワイの奥深い魅力をお伝えしていきます!
by LaniTours
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ご挨拶
大自然の懐へ
心癒されるスポットへ
くつろぎのダイニングへ
期間限定ツアー
楽園だより
お問合せ&お申込み
タグ
検索
フォロー中のブログ
APPLEPIE QUI...
美味しいハワイで癒される...
代官山だより♪
新 LANILANIな日々
マダムYの美味しい話
日々のおいしいごはん~野...
ヴィンテージTシャツのパ...
リンク
最新のトラックバック
着て、癒されるヴィンテー..
from ヴィンテージTシャツのパラダイス
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:大自然の懐へ( 3 )

8つの秘境ビーチめぐる、オアフ島一周の旅   

 Aloha♪ ネイチャーツアー担当の Akoです。

 『天国の海』… ラニカイビーチや、ノースショアの西の果て… モクレイアビーチなど、オアフ島のなかでもツーリストの方々があまり訪れることのない、とっておきのビーチを厳選。楽園ハワイの奥深い魅力を存分に体感していただくツアーをご用意しました。

b0138328_23445962.jpgb0138328_23454788.jpg


【ハイライト】 
 ● 横から波が打ち寄せ、神秘的な「マラエカハナビーチ」
 ● 『天国の海』と呼ばれ、全米No.1に選ばれたことのある「ラニカイビーチ」
 ● 海ガメと出会える「ラニアケアビーチ」
 ● 伝説の大岩を望む「ライエポイント」
 ● ノースショア西端の秘境「モクレイアビーチ」
 ● サーファーの町「ハレイワタウン」散策(自由行動)

【所要時間】  約8時間

【料  金】  $85

【催行人数】 2名様以上

【料金に含まれるもの】
  ● スナック
  ● フルーツ
  ● ボトルウォーター
  ● コーヒー
  ● ハーブティー
  ● ジュース
  ● ハレイワ散策マップ

【旅  程】
  ○ ワイキキ発 8:00発
  ○ ワイマナロビーチ
  ○ ラニカイビーチ
  ○ マカデミアナッツファーム(ナッツやトロピカルフルーツの試食)
  ○ ライエビーチ
  ○ ライエポイント
  ○ マラエカハナビーチ
  ○ カベラビーチ
  ○ ラニアケアビーチ
  ○ ハレイワ散策(自由行動)
  ○ モクレイアビーチ
  ○ ワイキキ着 16:00着

※ 上記のほか、サンディービーチ、チャイナマンズハット、サンセットビーチ、ワイメアベイを車窓からご覧いただけます(写真撮影をご希望の場合は、停車もOK!)

→ ツアー詳細のお問合せ、お申込みは、castle.akiko@gmail.com までどうぞ♪
[PR]
by LaniTours | 2011-02-01 23:29 | 大自然の懐へ

妖精の森へ

 Aloha♪ ネイチャーツアー担当の Akoです。「楽園ハワイの懐に抱かれる」…をテーマに、一般にはあまり知られていない秘境の美しいスポットや、ディープなハワイ情報をお伝えしています。
 
 ホノルルからパリハイウェイを北上し、コオラウ山脈のジャングル地帯へと少し入ったところに、まるで「妖精の森」を思わせるような、美しく神秘的なトレッキングコースがあります。

 バニヤンツリーがうっそうと生い茂った道端に車を止め、森の中へと一歩足を踏み入れると、そこはすでに別世界。森全体に流れるフレッシュな空気がひんやりと身体を包み、まるでヨーロッパのおとぎ話に出てくる妖精たちがどこかで見守っているような気分です。

b0138328_20205149.jpg

 1時間もかからず一周できるループ状のこのトレッキングコースは、谷川を渡るところから始まり、針葉樹の森、竹林、そしてうっそうとしたジャングルに滝と、初心者向けながら、実に変化に富んでいます。

 森に入り、バニヤンツリーの枝が垂れ下がる木立のなかを進んで行くと、まず目の前に美しい谷川が現れます。岩伝いにせせらぎを渡ると、そこは閑静な竹林…。みごとな竹のトンネルをくぐり、しばらくくねった道を登っていくと、やがて、神秘的なクックパインの木立が目の前に広がります。

b0138328_20221944.jpg

 ここは森の精霊たちの清廉なエネルギーが流れている場所。天に向かってまっすぐにそびえ立つ木々に触れ、その幹に抱きついてみると、そのエネルギーがひしひしと感じられます。このパワースポットでしばし深呼吸。体内に滞った淀んだ空気を出し切ってフラボノイドたっぷりの空気を取り込めば、心も体も不思議なほどすっきりとリフレッシュされていきます。

 足元を見下ろせば、クリスマスベリーと呼ばれるかわいい小さな赤い実がたくさんなっています。

b0138328_20243254.jpg

 さらに歩みを進めていくと、その先には、初夏に甘い香りを漂わせるストロベリーグアバの林が…。直径2センチほどの赤い実の中は白く、食べるとジューシー。名前のとおりグアバの仲間ですが、あの特有の香りはなく、イチゴを淡白にした感じで、とても美味!

 さて、林を抜けたら、斜度のある岩だらけの道を滑らないように気をつけながら、谷川へと下りていきます。下りた先の小さな滝つぼは、ロコの遊び場にもなっている憩いのスポット。そして、ここからがこのトレイルのハイライトです。

b0138328_20502287.jpg

 川沿いの岩場を上流に向かって上っていくのですが、苔むした岩やシダ類、根を垂らしたバニヤンツリーがそれぞれに幻想的な世界を作り上げています。あたりを見回すと、まるで太古の森の中にいるようで、そこだけ時間が止まってしまったかのよう。
 さらに少し上ると、ループをぐるりと一周して、最初の竹林へと戻ります。

b0138328_20325220.jpg

 ホノルルの街から車で10分ほどのところに広がるこの「妖精の森」は、地元の人たちにも意外と知られていない、とっておきのパワースポット。あなたも森の妖精たちに会いに行ってみませんか?

★☆★ DATA ★☆★
●妖精の森:ホノルル方面からパリハイウェイを北上し、ヌアヌパリドライブへ右折。道沿いにドライブし、まもなく右手に現れてくる森。

※ご希望の方には、この「妖精の森」へご案内するプレミアツアーをご用意しています!
→ 詳細につきましては、Ako までどうぞ♪

現地発!ホットな話題が続々→「Hawaii Mode」
[PR]
by LaniTours | 2008-10-25 20:34 | 大自然の懐へ

チャイナマンズハットに登る!

 Aloha♪ ネイチャーツアー担当の Akoです。「楽園ハワイの懐に抱かれる」…をテーマに、一般にはあまり知られていない秘境の美しいスポットや、ディープなハワイ情報をお伝えしていきます。

 一ヶ月ほど前の週末のこと。映画「ジュラシックパーク」のロケ地としても知られるクアロア牧場の麓、クアロアビーチの沖合に浮かぶ、中国人の帽子のような島…「チャイナマンズハット」まで歩いて渡れると聞き、娘や友人たちと連れ立って、ハイキングに出掛けました。

b0138328_459359.jpg

 当日はあいにくのお天気。クアロアビーチに着いたら、さっそく雨がパラパラ降ってきました。車でお弁当を食べながら待つこと30分…。ようやく雨が上がったので、どんよりとした曇り空の下、とりあえず出発!
 というのも、このクアロアビーチから沖合のチャイナマンズハットまで、干潮のときに歩いて渡れるというので、一ヶ月の中で最も潮が引く、この日の干潮の時間帯を狙って、ハイキングにやってきたのです。

 朝早かったので、海水が冷たく一瞬躊躇しましたが、ここまで来て引き返すわけにはいきません。覚悟を決めて、踏み出しました。

b0138328_531504.jpg

 干潮時は幼い子供も簡単に渡れるほど浅いと聞いていたのに、エントリーして間もなく、膝まで浸かり、すぐに腿まで浸水。「本当に歩いていけるの?」と、不安になりましたが、先に渡っていく友人たちの様子を見ると、どうやら行けそうな感じ。珊瑚の上はぬるぬるした海草が生えていて滑りやすく、波と風が横から来るので、渡る途中、3回ほど転びました。

 半分渡ったあたりでかなり深く胸まで浸かったので、やむなくバックパックを頭に載せて、さらに前進。まるで、大洪水の中の難民の気分です。娘をはじめ、10歳の子供たちにはさすがに深すぎたので、念のため持ってきたブギーボードがここで大活躍しました。

b0138328_5412125.jpg

 ようやく島へとたどり着いたその場所には、小さな砂浜があり、もしかしたら岩場から…?と案じていた上陸も、意外とラクラク。

 以前このチャイナマンズハットに登った友人から、山肌の茂みを登るときに素肌だと掻き傷ができて痛いと聞いていたので、さっそく持参した長ズボンを履き、けもの道のようなルートを辿りながら登っていきます。
 遠くから見るとほとんど禿げ山のようなので、せいぜい膝丈ぐらいの茂みかと思っていたら、とんでもない…。実はジャングルでした。茂みをかき分けながら登っていくので、長袖&長ズボンは大正解。さらに、滑り止めの手袋があれば言うことはありません。(それと、濡れても落としてもOKなポータブルカメラもお忘れなく!)

b0138328_10545952.jpg

 やがて、いったん止んだ雨がまた降リ出して、次第に斜面が滑りやすくなってきました。さらに進むと、とうとうザーザー降りに。持参のビニールシートを頭にかけて、皆で雨宿り。濡れた体に冷たい風がしみて、鳥肌がたち、歯はがちがち。

 雨が止んだので、再び登り始めると、その先は、ロッククライミングをするような急勾配の岩場になりました。まわりに木がなくなったので、振り向くと、そこには大パノラマが広がり、息を呑むような絶景! 遥かカネオヘの方まで、きれいに見渡せます。海の様子も手に取るようにわかり、島へと渡って来た途中、深い部分があったのは、そこに珊瑚がなかったからなのか〜と、納得。
 でも、残念ながら岩が濡れて滑るのと、これ以上登るのは、子供には危険ということで、やむなくここで断念することに。「また絶対リベンジに来ようね!」と皆と誓い、チャイナマンズハットを後にしました。いつか頂上から360度の大パノラマを望むのを夢見て…。

b0138328_5541380.jpg

★☆★ DATA ★☆★
●Chinaman's Hat:カネオヘ方面から海岸線に沿ってKamehameha Hwy.を北上し、15分ほど。クアロア牧場の麓、右手にクアロアビーチパークの入り口がある。チャイナマンズハットへのアクセスは、ビーチパーク奥のポイントから。

※ご希望の方には、このチャイナマンズハットを目の前の望むクアロアビーチパークや周辺の秘境スポットへご案内する、プレミアツアーをご用意しています!
→ 詳細につきましては、Ako までどうぞ♪

現地発!ホットな話題が続々→「Hawaii Mode」

Excite Bit 投稿コネタ 最新お題投稿!
[PR]
by LaniTours | 2008-05-08 03:57 | 大自然の懐へ